ダイヤモンドケンネル
トップページ>ドッグキャンパス



シニア期を迎えるワンちゃん。人間の介護と同様、例え小型犬でも、
老犬介護は飼い主様にとって肉体的、精神的な負担となります。
また、言葉が通じないワンちゃんの気持ちを理解して介護するのは、長年連れ添った飼い主様であっても難しいことであり、愛情が深ければ深いほど悩み、心を痛めてしまうことでしょう。このような飼い主様に、効率的な介護方法や、息抜きの仕方、明るく前向きに愛犬と接する方法などをアドバイスいたします。 ワンちゃんが本来持っている自然治癒力が回復するように努めて、不安感や恐怖感を取り除き、ワンちゃん自身の前向きな気持ちを呼び戻すお手伝いもいたします。

ダイヤモンドケンネルでは、より多くのワンちゃんと飼い主様が
共に長く快適で豊かな老犬生活ができるよう、
デイケアサービスというかたちでワンちゃんを一日お預かりし、
介護のお手伝いをします。
高度な専門知識とスキルをもった「老犬介護士」が
高齢のワンちゃんのケア方法のアドバイスなども行います。


歯の状態、顔の表情など、
毎日簡単な健康チェックを
行います。

ワンちゃんの胃腸に合わせて食
事の回数や内容をアドバイス致
します。デイケアの中でもお弁当
がある子など、もちろん自力で食
べれない子への食事の介護・介
助も致します。お水の量の管理をし、体内の水分量を調整致します。

老犬になると各関節が硬化し、運動するのに支障をきたしてきます。ペットケアマネージャーが、その子に合わせたプログラムで、関節をオリジナルハーブ温湿布で温めたり、マッサージ、などを行い、関節硬化を予防します。

老犬になると他のワンちゃんに接する機会も少なくなってきます。一緒に歩いたりするとライバル心が芽生えたり、赤ちゃん犬と接することで、威厳を保とうとしたりと、スタッフもびっくりするほどです。

体の負担を考慮し、カートなどで芝や土のあるところまで連れていき、補助が必要な子は補助をして、寝たきりの子も、歩いた気持ちにさせたり日向ぼっこ(体内時計を整える)をさせたりします。

室内では「ドッグキャンパス」に来ている犬達と一緒に意識して筋肉を動かしたり(リハビリ支援)、ボケさせない脳トレで、脳を活性化するアプローチをします。良い刺激となり、若返りにもなります。


カウンセリング
まずはじっくり飼い主様のお話を伺います。

アドバイス
ワンちゃんにあった介護・生活・食事の
アドバイスをいたします。

ケアプラン作成
ワンちゃんにあったケアプランの作成を
行います。

お預かり
デイケアサービスのお預かりでワンちゃん
リフレッシュ!